エキサイトエキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
エキサイト×ウルトラズ カフェ@BONN ブログ 現地での熱いメッセージをエキサイトカフェからお届け!

d0073107_1823985.jpg
先日ご紹介したボンシュでボンシュを呑んでいたら、、、すごい嵐!雷を伴う激しい雨となりました。でも、、、みんなかさをささないなあ、と道行く人々を眺めつつちょびちょびやっていたら、数十分できれいに雨があがり、美しい虹が現れました!明日は晴れるかな?ドイツは暑い日が続いていて久々に涼しい日になりましたが、日本はどうですか?
[PR]
# by bonn_cafe | 2006-06-20 18:25 | Comments(386)
dynabook2006
d0073107_2091694.jpg
excite×ULTRASカフェには、
TOSHIBA dynabook 2006 FIFA WORLD CUP EDITIONが
7台設置されています。

トロフィーや優勝国名が刻まれた
スペシャルデザイン!
カッコイイです。

コンテンツも充実。
オリジナル壁紙&スクリーンセーバーには
もちろん!中村選手や宮本選手も入ってます!!

一見の価値あり!です。
[PR]
# by bonn_cafe | 2006-06-19 20:10 | Comments(635)
6/19 一転して雨

d0073107_19444074.jpg何かが起こるのでしょうか。
雷を伴う大雨です。

でも、傘を差している人が少ないので、
大雨な感じが・・・
[PR]
# by bonn_cafe | 2006-06-19 19:55 | Comments(102)
ボンで甘いものが食べたくなったら

街中のクレープ屋さん。d0073107_19521479.jpg


アイスクリーム屋さん。結構なボリュームがあります。
d0073107_1952446.jpgd0073107_195324.jpg
[PR]
# by bonn_cafe | 2006-06-19 19:54 | Comments(22)
ジェフファンの男の子を発見!

d0073107_1949568.jpg
ニュルンベルグの会場でジェフファンの男の子を発見!

ほんとうに一生懸命日本代表を応援してくれてました。
ありがとう!
[PR]
# by bonn_cafe | 2006-06-19 19:49 | Comments(194)
日本対クロアチア@ニュルンベルグ
d0073107_20233739.jpgオーストラリア戦に続き、
クロアチア戦も非常に暑い!
会場でのスクリーンには
気温25度と出ていたが、
体感温度は38度くらいあった。
とにかく暑い。

そしてクロアチア人はでかい。
囲まれると見えなくなってしまう。
数字で見る身長差が現実になると、
さらに日本代表にがんばって
ほしい気持ちが強くなる。

d0073107_20252618.jpgニュルンベルグの街につくと、
応援に来ている人たちで
埋め尽くされていた。
ニュルンベルグ駅は、
カイザースラウテルンに
比べると近代的で大きい。
駅では日本対クロアチア戦の号外を
配っていた。

街中では、一緒にサッカーをしたり、
写真をとったり。
サポーターたちが交流している。

d0073107_20262182.jpgクロアチアの人たちは前日から
大盛り上がりだったようで、
彼らの歌声が夜中こだましていたとか。
一つのグループが歌い出すと
呼応して隣のグループが歌い出し、
向こうのグループも歌い出し、
あちらこちらで大合唱。
そんな光景が昼のニュルンベルグでも
繰り返されてた。

日本もみんなで気持ちを
盛り上げていける、
誰もが知っているような簡単な歌、
というのが必要!!

ニュルンベルグのスタジアムは、
ヒットラーが160万人を前に
大演説をしたバルコニーのすぐ横。

会場に入るとスタジアムが
全体的に赤く見える。
やはり陸続きは大きいかと思っていたら、
スタジアムのシートが赤いので、
d0073107_20273069.jpgさらに赤い感じに見えてしまっていた。
今度はスタジアムのシートが青いことを祈る。

危険なイメージのある
クロアチアサポーターも、
今回は川口のPK止めに
かなりショックを受けたらしく、
発煙筒騒ぎも一回しかなかった。
(非常に厳しいボディー及び
荷物チェックを受けているのに
どうやって持ち込んでいるのか???)

d0073107_20301756.jpg試合終了後落ち込んでいたのは
クロアチアサポーターだった。

試合に関しては色々な意見があると思う。
でも、少なくとも日本は
次の試合につながった!!だから、
全身全霊をこめて、
3戦目を応援したいと思う。

既に2敗が決まったチームのチケットは
FIFAのオフィシャルページでも
残席がではじめるくらいシビアなのだから。

d0073107_20312278.jpgこちらのスポーツチャンネル
「EUROSPORTS」では
ジーコが日本は2試合とも
15時からのゲームで不利だ、とコメント
したと言っていた。
確かに、15時からの試合が2回もあるのは
日本、トーゴ、セルビアモンテネグロだけ。
それでも、それを言い訳には
してほしくないと思う。。。

次の試合、既に決勝Tが決まっている
ブラジルチームと、ブラジル人監督の
ジーコとの試合だが、
きっとお互いプロフェッショナルらしく、フェアな試合をするだろう、とは解説の弁。
[PR]
# by bonn_cafe | 2006-06-19 19:41 | Comments(1412)
ケルンに行ってきました。
d0073107_02365.jpg午後の6時からケルンのスタジアムで
チェコ対ガーナの試合があって、
ケルンでのファンたちがどんな
盛り上がりを見せるか楽しみにしていました。
ケルンといえば「カーニバル」です。
世界中であまり知られていないが、
ドイツではケルンは「お笑い」と
「カーニバル」の首都なのです。
ケルンの人々がとても陽気で、
d0073107_03535.jpg国籍や性別や年齢を気にしないで知らない人とでも
楽しく軽いトークをしたり、冗談を言ったりします。
最近調査で「ドイツ人が一日中どのぐらい笑うか」を
計ったところ、
やはりケルンが第一位を取ったほどです。
(ちなみにボンは第二位)
そんなケルンへ向かって、
ボン駅でRB電車(ローカル)に乗り、
約40分後にケルン中央駅に着きました。
d0073107_04429.jpg普段は30分もかからないが、
「遅延のため」すべての電車が遅れているとのこと。
ドイツ国鉄が遅刻するのが「当たりまえ」と
いうと失礼かもしれませんが、
実際のところは遅刻する電車に乗る可能性が
フィフティーフィフティー(五分五分)なので、
ぎりぎりの乗り換えは避けましょう。逆に言えば、
早目に駅に着くのは時間の無駄になる
可能性が高いので、
切符の買い方に慣れたら(私はドイツ人なのに
ややこしい買い方に何回も自暴自棄になったことがあって・・・)、
ぎりぎりのところ駅に着いても大丈夫というわけです。
中央駅を出て、巨大な大聖堂に圧倒され、大聖堂の前の楽しい雰囲気を味わいました。
そこで広い階段があって、普段より人がにぎやかで、
カラフルな代表チームTシャツを着た人も大勢いました。
階段の中ぐらいのところにガーナを応援しているガーナ人が集まっていて、
ボンゴでリズムを打ちながら大きな声を出して歌ったり楽しく踊ったりしました。
大聖堂の前の広場を抜け、裏にある特設会場(public viewing)に入りました。
d0073107_06183.jpg
まだ少し時間があったので、
d0073107_07306.jpg大スクリーンの前の広場をまわりながら、
色んな国のファンたちに会いました。
やはりカーニバルぽい雰囲気でした。
チェコの青、白、赤と
ガーナの赤、黄、緑(とかわいくて黒い星)の服装や
代表チームTシャツを着たファンは
もちろん大勢いましたが、
ドイツやイタリアなどの代表チームTシャツを着た人も
たくさんいました。こんなふうに自分の国のチームだけではなく、
d0073107_09523.jpg他の国のチームも応援するという姿勢が
今回のW杯のもっとも素敵な点だと思います。
ドイツでは国旗を飾るという習慣があまりなくて、
「ドイツ人であることを誇りに思う」ことも
タブーになっていて、
今回のW杯を契機に自分の国の歴史を忘れないで、
元気で応援することによっていい意味で
何かが変わるかもしれません。
代表チームTシャツとメイクをした人のほかに、
d0073107_0104956.jpg完璧なコスプレイまでしてきた人もいました。
不思議なカツラをかぶったり、マスクをしたり、
原宿の明治神宮前を思い出だされる雰囲気でした。
会場の入り口のセ
キュリティーチェックがかなり厳しくて
(ボディーチェックがありますので、
男女別々になっています)、あまり目立たないが、
警備もしっかりしているようなので、
問題が起こらないはずです。
d0073107_012634.jpgそんなことも考えながら、
時間があっという間に過ぎてしまい、
いよいよ試合開始の時間になりました。
しかし、特設会場が大聖堂の
横にあるということあって、
主催者のお願いがありました。
ちょうど6時に大聖堂に礼拝が始まるので、
試合が始まっても、あまり騒がないで
大きい声を出さないでほしいとのこと。
d0073107_013475.jpgそのため、音量も低く、「聞こえない!」と叫んだ人も。
「これは無理でしょう」とひそかに思いました。
しかも試合開始の1分30秒後に
ガーナの初ゴールが入ったので、
会場でものすごい歓声があがりました。
意外と会場に来た人がガーナを応援していました。
その中にわざわざイギリスとアイルランドから
週末だけドイツに来た人もいて、
8人ぐらいで「Black Star」という
d0073107_0174044.jpgプリントのTシャツを着て、
一緒にガーナを応援しました。
なんでイギリスじゃなくてガーナを
応援しているかときいてみたら
「いやー、ガーナの代表チームが
立派にプレイしていると思っているし、
そろそろW杯にアフリカのチームも
勝ってほしい」という
素敵な答えが返ってきました。
d0073107_020878.jpgそのあとの会場での雰囲気が意外と穏やかで、
礼拝も大丈夫だったと思います。
そんな平和的な雰囲気でハーフタイムになって、
またガーナ人の踊りが始まりました。
20人ぐらいで円を作って、
ときどき円に入って踊ったりして、
とても明るくて素敵で、
自分までその元気さが伝わってきて、
自分の中で沸いてきました。
ドイツ人の私からみては、
こんな風なW杯になってほしかったです。
結局チェコのチームが負けてしまいましたが、
やはり「勝ち」「負け」のほかにも色んなW杯の
楽しみがあるので、
自分が応援しているチームが負けても、
「このイベントにファンとして、ある国の人として、
そして人間として参加する価値」が十分あると、
今日の試合で実感しました。


by Marei Mentlein
[PR]
# by bonn_cafe | 2006-06-19 00:27 | Comments(1500)
いよいよです!
前半の初め15分と後半の終わり15分+ロスタイムに
得点が生まれる事の多いドイツ大会。

最後の最後まで何が起こるかわかりません。

声を嗄らしてでも…応援する!!!
一緒に戦いましょう。
[PR]
# by bonn_cafe | 2006-06-18 18:19 | Comments(2434)
魚のファーストフード

肉にあきたら、魚のファーストフードはいかがでしょう。
駅近!中央駅からすぐそこ!
ドイツの人にも人気のようです。d0073107_23201278.jpg
d0073107_23203698.jpg
[PR]
# by bonn_cafe | 2006-06-17 23:28 | Comments(207)
6月16日(金)晴れのち曇り
d0073107_21375136.jpgアルゼンチンVSセルビア・モンテネグロ戦を観に
ゲルゼンキルヘンへ。
ボン中央駅から快速電車(IC)で約1時間半。
まずは乗車券を・・・と、切符売り場の窓口へ行くと
長~い列が何本も。切符を買う時間を逆算して
、少し早めに駅に来たつもりだったのに、
これじゃ発車時間に間に合わない!!
仕方ないので自動券売機で買うことに。
でもこのDB(ドイツ鉄道)の券売機、
旅行者は言うまでもなく
d0073107_2140880.jpg地元ドイツ人にも大不評で、とにかく使いにくい!!
行き先以外にも色々入力させられて、
さらには現金で支払えないんです。
(現金OKの機種もたまにあるけど)
ややこしくてあまりに券売機の使用率が低いので、最近では券売機の前に係員が立って使い方を説明してくれます。(でも機械の意味は?)



d0073107_21412732.jpgなんとか切符を買って乗車。
空いてる座席を探します。
ボン駅を出発した時点ではそこそこ空席が目立ったものの、よ~く見るとそのほとんどが予約済み。
しかも予約区間はGelsenkirchen、Gelsenkirchen、Gelsenkirchen、Gelsenkirchen・・・・。
「本当にこんなに乗って来るの~??」と
半信半疑で座っていると、
ケルン駅に着いて電車はあっという間に満員状態。
d0073107_2145139.jpg通路や連結部にまで人が溢れかえってきました。
色鮮やかなユニフォームで
車内が急に明るくなります。
応援するチームは異なるものの、
筆談などを交えてサッカーの話題で盛り上がるサポーターたち。
サッカーって万国共通の話題なんだな~・・・と
改めて実感します。電車に揺られること約2時間。
予定より少し遅れていたものの、
無事ゲルゼンキルヘンに到着。
d0073107_2150312.jpgホームに降り立つや既にサポーターのものすごい熱気。
そこから地下鉄に乗り換えてスタジアムまでさらに15分。地下鉄は日本のラッシュ並みの混みようで(ドイツでは珍しい)、暑いし、空気薄いし、なかなか進まないし・・・。それでも歌う両国のサポーターたち。このテンションは、スタジアムに到着するまでずっと変わりませんでした。


d0073107_2245225.jpgスタジアムに着くと「NEED TICKET」や「TICKETS WANTED!」の紙を手にした人たちが至るところに。みんなどうしても試合が見たくて、スタジアムに足を運んで最後の瞬間までチャンスを探してるんだ・・・と思うと、サポーターの熱い思いに感動します。

初めて見る「アレーナ アウフシャルケ」。
シャルケ04はサッカーに疎い私でも知ってる名門FC。

d0073107_21524654.jpgそのホームスタジアムが今日は、
アルゼンチンの水色と
セルビア・モンテネグロの赤・青に染まっています。
中でもひと際目立っているのが
アルゼンチンのサポーター。
比率でいうと7:3
(アルゼンチン:セルビア・モンテネグロ)くらい。
歌ったり、踊ったりとにかく元気!!アルゼンチンのサポーターは国際色豊かで、いろんな国の人が「MARADONA」のユニフォームを着て歩いてます。

d0073107_224575.jpgアルゼンチンのサッカーがいかに多くの人に愛されているかを体感する瞬間でした。

チケットを持っていない私たちは、キックオフ前にパブリックビューイングに移動。シャルケ04の旧競技場だったという会場は、さすがに大きい!!かつては5万人の収容量があったらしく、ボンのPVの20倍以上の大きさ。しかも入場無料。結構人が入ってるのにそれでもまだまだ足りない感じがします。試合を映し出す大スクリーン正面にテーブル席を見つけて、
d0073107_21572090.jpgビールやソーセージ、ピザなどを買って着席。

そして気がついたのは、スタジアムにくらべてセルビア・モンテネグロのサポーターが多いこと。「あ、ここに来てたんだ~」。セルビア・モンテネグロの女の人はすごくきれい。思わず見とれてしまいます。

試合が始まると、当たり前だけどみんな試合に釘付け。私たちもスクリーンに集中します。

d0073107_2205526.jpg画面にマラドーナの姿が映し出されて、みんな大興奮!!やっぱり来てたんですね。スタジアム前のアルゼンチンサポーターのあの熱狂的な盛り上がりにも納得です。

試合ではアルゼンチンの圧倒的な強さを実感しました。でもでも、セルビア・モンテネグロのサポーターは負けて意気消沈なんてしていません。試合終了後もステージ横で行われたバンド演奏で踊る、踊る。

d0073107_2263263.jpgカメラを向けたら「私も!」、「俺も!」ととってもフレンドリーに対応してくれました。試合の結果も重要だけど、W杯は大きなパーティー・・・・といった方がぴったりくる気がします。友達同士でお揃いのTシャツを作って、一緒に試合会場を回り、そこの雰囲気を楽しんでいるドイツ人グループにもたくさん会いました。自分の国の試合となると、それでもやっぱり結果に一喜一憂してしまうものですが、この雰囲気を味わえるだけでもスタジアムに足を運ぶ価値があると思いませんか?                                        
                                             by miyuki nishimura
[PR]
# by bonn_cafe | 2006-06-17 22:30 | Comments(621)





W杯開催地ボンの街の様子、cafe店内の様子などレポートします!
by bonn_cafe
 ◆カテゴリ
全体
限定コラボTシャツプレゼント!
未分類
 ◆以前の記事
 ◆最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
diabetes hom..
from www.youtube.com
diabetes rem..
from www.youtube.com
foods to low..
from www.youtube.com
foods that l..
from www.youtube.com
dana tunai c..
from www.adirapinja..
Centument
from Centument
how to lose ..
from www.youtube.com
Lemon Detox ..
from www.youtube.com
gadai bpkb m..
from www.symbaloo.com
how to get r..
from www.youtube.com
anuncios esp..
from porquenolovend..
胸 谷間
from xn--f9jbuf5azh..
kredit mobil
from www.adirakredi..
更年期 汗
from xn--n8j042gbou..
anuncios gra..
from porquenolovend..
anuncios inm..
from porquenolovend..
continue
from porquenolovend..
 ◆最新のコメント
Hello its a ..
by Bhabhi sex ki dukan at 17:13
ترمیم مو
by ترمیم مو at 09:39
فروش انواع ع..
by عینک آفتابی ریبن at 06:21
فروش وایت بر..
by وایت برد شیشه ای at 06:20
خدمات سئو و ..
by سئو وبسایت at 06:17
فروش وایت بر..
by وایت برد at 06:16
فروش تجهیزات..
by آکواریوم آب شور at 06:15
مگ تز مجری ا..
by انجام پایان نامه at 06:14
فروش تجهیزات..
by دستگاه سنگ شکن at 06:12
خدمات انجام ..
by انجام پایان نامه at 06:11
tehrangolha
by ترمیم مو at 08:25
http://gamat..
by gamatire at 20:55
私はあなたが分かち合うべ..
by Sendal online at 21:50
Not all stud..
by Grand Essays Writing at 21:05
Very good th..
by Filmes Torrent at 23:43
Wow great ce..
by Joe at 00:16
Nice post T..
by Divorce Dating UK at 08:41
I believe ..
by qassim at 05:17
Hello! I thi..
by ElenBentley at 17:12
Get non-plag..
by essaymania at 15:14
 ◆Excite×ULTRAS CAFEについて
■名称:
Excite×ULTRAS CAFE (エキサイト・ウルトラス カフェ)

■期間:
2006年6月10日(sat)~6月23日(fri)

■所在地:
Cassius Garten (カシウス・ガルテン 2F) ※ボン駅前広場内
http://www.cassiusgarten.de/
Cassius Garten Vollwert Ernahrung GmbH
SB-Vollwertrestaurant in der Bonner Cassius-Bastei
(vis a vis vom Hauptbahnhof)
Maximilianstr. 28d 53111 Bonn


■PC(インターネット接続)10台:

◎TOSHIBA dynabook 2006 FIFA WORLD CUP(TM) EDITION
「dynabook TX/870LSFIFA」× 7台

◎TOSHIBA dynabook QosmioF30 × 3台

■特別展示(予定)

◎ウルトラスニッポン代表、植田朝日氏所蔵Tシャツ、マフラー等

など

※コメント、トラックバックは、エキサイト株式会社にて、掲載記事へのコメント、トラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。 内容により予告なく削除、もしくはアクセス拒否などの対処をする場合もございますので予めご了承ください。
 ◆ライフログ
 ◆検索
 ◆タグ
 ◆その他のジャンル
 ◆ファン
 ◆記事ランキング
 ◆ブログジャンル
 ◆画像一覧
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright © 1997-2006 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム